スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
「家庭からの教育再興プロジェクト」講演&シンポジウム①
「家庭からの教育再興プロジェクト」
講演&シンポジウム(講演の部)その1

講師:長田百合子 先生
演題:親が変われば子供も変わる!   
日時 平成19年9月23日
会場 伊勢崎市あずまホール

先日、当ブログでお知らせしました「家庭からの教育再興プロジェクト」講演&シンポジウムが9月23日、伊勢崎市あずまホールに於いて滞りなく行われました。当日は小雨振る中、約100名の参加者が集まり、長田先生のご講演、それに続くシンポジウムに熱心に聞き入られていました。
ここにご講演の内容を3回に分けてご紹介いたします。

講師:長田百合子先生のご紹介 
教育評論家(親学専門)、栃木市教育委員会・生涯学習課・特別講師。NPO「家庭教育再生機構」理事長。「家庭からの教育再興プロジェクト」副会長。愛知県各所に280軒以上の補習塾を開設した「塾教育学院」を経営する一方、同塾のメンタルケア部門の代表を務める。いじめや不登校、非行、引きこもり等で悩む子供の家庭に自ら出向き、30年間で2000人を超える子供の問題を解決している。また親を対象とした「長田塾」や子供を預かる「長田寮」を開き、親の意識改革と子供の訓練に当たっている。教育に関するテレビ番組出演や講演及び執筆活動等幅広い啓発活動を行っている。近年ではいわゆるひきこもりへの独特な対処法が注目を浴びた。著書に『親がかわれば子どももかわる』(講談社)、『お母さんの親ごころ・お父さんの底ぢから』(新潮社)『子ども問題撃退マニュアル』(MOKU)など多数。

講演「親が変われば子供も変わる!」(要約してご紹介します)

● メンタルケアに至るまで
 30年前、愛知県下に補習一本の学習塾を開き、以来県下に280軒以上開設してきました。生徒募集は、塾の近所を一軒一軒挨拶回りし、体験入学してもらって入塾するかどうか決めていただく方法をとってきました。以来20年(10年はメンタルケアで多忙)、歩き続けて訪問した軒数は3万や4万などというような小さな数ではありません。そうした中で、30年前から不登校の子供の家庭があったのです。
 お節介(世話好き)が高じまして、そういう家庭は放っておけず、足繁く通い、悩む子供にとことん付き合い解決をしてきた数が2000件以上となりました。
 こうして現場を歩いているうちに必然的にメンタルケアを覚えたわけです。

続きを読む
スポンサーサイト
【 2007/10/02 23:46 】

| 講演会記録 | コメント(1) | トラックバック(0) |
国連通信第45号
国連通信第45号

今回お送りするのは9月20日に来たもので、中国の人口抑制政策について述べられたものです。
この政策がのちに他国に影響を及ぼす可能性も考えられ、注視する必要がありそうです。


「世界でもトップにある学者が、中国における『スローモーションで進行している人道的悲劇』を伝えました」

中国の人口抑制プログラムは、中国の経済発展にとって恐ろしい結末となる「スローモーションで進行している人道的悲劇」を露わにしようとしています。
これは世界をリードする人口学者が、世界の経済のトップ、政治指導者の中の何人かに最近伝えたことです。中国での陰惨な一人っ子政策を公然と批評する勇気を持つ人が現れたのは、初めてではないでしょうか。

著名な人口学者ニコラス・エバースタット*1は、中国の一人っ子政策を、「スローモーョンで進行する人道的悲劇」と述べて、中国政府に「直ちに、そして条件なしで」「悲劇的で歴史的な誤り」である抑圧的人口抑制プログラムを廃止するように促しました。エバースタットは、公演中、今月初めに大連で開催された世界経済フォーラムを、痛烈に非難しました。

*1 ハーバード大学人口問題研究所、アメリカン・エンタープライズ客員研究員。この方は人口問題のみならず、朝鮮半島問題にも詳しい方です。

続きを読む
【 2007/10/02 23:22 】

| 国連通信 | コメント(0) | トラックバック(0) |
国連通信第44号
国連通信第44号

今回お送りするのは、9月13日に送られてきたものです。
ご承知のように、この「国連通信」は殆ど「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」、堕胎の問題が中心ですが、国連通信を見続けていると、リプロダクティブ・ヘルスという言葉が国連で正式に使われていないこと、決められた目標ではないことが理解できます。
また、国連機関が、如何に恣意的に、虚偽に基づいて世界の国々を動かそうとしているか、彼らの変更したイデオロギーを押し付けようとしているかが分かります。
今回の国連通信の中に、「世界中の政府は、『リプロダクティブ・ヘルス』という目標が存在すると伝えられており、それに従ってフィリピンは法律を改正するよう要求されています。」という一文がありますが、これは銘記すべき事実です。


「国連の米国代表団は堕胎を促進する国連機関を叱りました」

今週、UNFPAの理事は「sexual and reproductive health(性と生殖に関する健康)」における新グローバル目標が存在すると理事会で述べましたが、それは嘘でした。米国代表団が、そんな目標は国連総会の決議によってのみ決められることであると指摘して、この理事が嘘をついたと指摘しました。UNFPAは、この詐欺行為を免れようとし続けるでしょう。そういう体質は、UNFPAの遺伝子に組み込まれているのです。
***
続きを読む
【 2007/10/02 23:00 】

| 国連通信 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。