スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
「家庭からの教育再興プロジェクト」講演&シンポジウム③
「家庭からの教育再興プロジェクト」
講演&シンポジウム(講演の部)その3

講師:長田百合子 先生
演題:親が変われば子供も変わる!
日時 平成19年9月23日
会場 伊勢崎市あずまホール

講演「親が変われば子供も変わる!」(その2からのつづきを要約してご紹介します)

● 親御さんに教えたいこと、それは「恐いもの」をつくれ
 問題を持っている殆どの家庭に無かったもの、それは「恐いもの」です。
 私たち大人は、いったいいつから親が子供に好かれたいと思い、ゴマをするようになったのでしょう。
 子どもに対して何が大切か、それは「尊敬される」ことではなかったのですか。子供にとって尊敬できる人がいるというのは、人生において恐い人ができると言う、とても幸せなことなのです。
 子供は、家と学校と社会の間で育ちます。昔の母親はその3つの環境にそれぞれ「恐い人」を作りました。家では父親、学校には先生、そして社会には人様です。父親を立てて、家の中にも序列を作ることで、子供は家の中にも気を遣う必用がある人がいると知り、親は全ての事を受け入れるわけではないと弁えます。そうすれば、すんなり社会に出やすくなります。また、人は人様から怒られたり可愛がられて、いろいろなことを学びます。二十歳過ぎた子供の幸せは、絶対に親のところにはありません。人様にどれだけ教わり、助けられ、可愛がられるかで子供の幸せが決まるのです。
 私は講演会等で「恐いものを作りなさい」と言いながら、実は先生の学校での地位、父親の家庭での地位、そして社会では目上の人やお年寄りの地位を上げようとしているのです。
尊敬できる恐い者がなくなれば、子どもは決して巧く育たないと、問題の家庭からハッキリ結果が出ているからです。

続きを読む
スポンサーサイト
【 2007/10/03 00:25 】

| 講演会記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「家庭からの教育再興プロジェクト」講演&シンポジウム②
「家庭からの教育再興プロジェクト」
講演&シンポジウム(講演の部)その2

講師:長田百合子 先生
演題:親が変われば子供も変わる!
日時 平成19年9月23日
会場 伊勢崎市あずまホール

講演「親が変われば子供も変わる!」(その1からのつづきを要約してご紹介します)

● 向精神薬は薬物である
 警察白書より抜粋した表に、乱用される薬物の種類と、精神依存、身体依存への度合いを表したものがあります。
 それによると、麻薬であるアヘン、モルヒネ、ヘロインに加え、向精神薬である睡眠薬、精神安定剤の身体依存度が「非常に強い」となっているということは、薬物の中で最もやめ辛いと言うことです。
 この向精神薬は心療内科と精神科にある薬の大方を占めています。よってその殆どが薬物といってよいのではないかと思います。
 向精神薬の性質として、①受け入れるのは簡単だが、本人のよほどの強い意志がない限りやめることがなかなか難しい、②精神的な快感を得るものか、肉体的な快感を得るものしかない、の二点が主に挙げられます。
 薬を投与された子供は、急にしゃべるようになったり動くようになりますが、それは元気になったのではなく、薬物によって快感状態にいるからです。薬を飲んでいるときと切れたときではテンションの上下が非常に激しくなります。小学生で心の形成の途中の子供に、こうした薬をどんどん飲ませるとどうなるでしょうか。
 平成18年2月の新聞記事に、「医師が処方する抗うつ薬を服用した子供は、自殺傾向の危険が(服用していない普通の子供に比べ)約2倍高まる」と厚生労働省が発表したとあります。私は2倍どころではないだろうと思っています。不登校=心の病気と考えるのではなく、親だったら自分の子どもは病気なんかじゃないと信じて、20歳以下の子供に危険性の高い薬物を安易に飲ませてはならないと考えています。

続きを読む
【 2007/10/03 00:04 】

| 講演会記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。