スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
親子紙ヒコーキ大会風景
東光寺小学校全景

11月24日(土)午前9時より東京都日野市の東光寺小学校において「親子紙ヒコーキ大会」を開催しました。お天気も良く、紅葉した木々に囲まれた小学校の全景です。

P1010074.jpg

図工室での工作風景。当日は親子連れ、お年寄り、若者あわせて40名ほど参加しました。皆一生懸命作っています。

P1010104.jpg

機体の種類は4~5種。写真手前が先尾翼機、後方がT4ブルーインパルス機です。

P1010079.jpg

飛行競技前の練習風景。遠くへ飛ぶといいな。

P1010083.jpg

さあ、これから飛行競技大会を始めるよ!

P1010092.jpg

もっと遠くへ飛んで!

P1010095.jpg

お姉さんも頑張るわ!!


P1010101.jpg

競技大会終了。皆また今度もやろうね!

最初は工作室に緊張して集まってきた親子連れも、お父さんお母さんと一緒に鋏を使い機体のパーツを切り取って、「どうやるの」「こうするの」と和気藹々で工作していました。
どちらかというとお父さんはもくもくと、お母さんはお話しながら工作しているというのが印象的でした。子供たちは親や近所のお年寄りに囲まれて一生懸命に作っていました。子供たちは鋏の使い方が上手。2機作っていた子もいましたよ。
競技大会では子供も大人も一緒になって参加し、お父さんが健闘していましたね。子供も皆嬉しそうに飛ばしては駆けて行ってヒコーキを拾い、楽しそうでした。
紙ヒコーキ大会は大成功。また今度もやりましょうと誓い合って終了しました(参加できなかった皆様、次回は是非来て下さいね)。
スポンサーサイト
【 2007/11/26 23:09 】

| 行事記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第54号
FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報 第54号

11月15日、国連第3委員会で死刑の一時廃止の決議案が初めて採択された、とのニュースをご覧になった方も多いと思います。今回はそれに関連する話題です。毎日新聞が報じたニュースを一番下に掲載しておきます。
ニュースによれば、今回c-famが伝えて来た問題は一切掲載されていないようです。
死刑制度に関する決議に、「胎児の生命の権利」という修正案を提起したのはイスラム国家でした。米国はこれに賛同しましたが、多くの国々の反対で否決されました。
死刑の一時廃止採択はアムネスティによると画期的な出来事だそうですが、「胎児の生命の権利」が提案されたのも初めてであり、将来につながるものになりそうです。
日本は、胎児の生命権にどういう立場を取ったのでしょうか?
ここで大事なことは、
◎女性の権利と胎児の生命の権利は矛盾を孕んでおり、ここがフェミニストと家族擁護、生命保護の立場の私達との決定的な決戦場となるものである。
◎こうした家族間、人間どうしが必ず矛盾した対立関係となる「人権」という考え方そのものが、本来ならば問われなければならない。
ということです。


「国連第3委員会で胎児の生命権を討議され否決」

国連は、堕胎から胎児を保護するべきかどうか、昨日(11月15日)討議しました。胎児が負けました。しかし、こうした論議が行われたのは初めてのことなのです。

昨日、国連総会の国連第3委員会で、胎児を堕胎から守ることに関する討論が行われました。これはイスラム教の国々が主導したもので、死刑を非難する欧州連合主導の決議提案に、多少の打撃を与えるものでした。
死刑決議のスポンサー達は、生命の権利修正条項は草案の主要な焦点と一致せず、又混乱と分裂を招くために持ち出されただけだと主張しました。エジプト代表は、決議案は生命の尊重を目指しており、無実の人の命の保護を含める範囲を広げることは適切であると述べました。

エジプト、バーレーン、イラン、リビア、クウェート、モーリタニア、スーダンは、生命の権利の修正条項を支持しました。彼らの第1の修正案は、「胎児を保護するために必要な手段を取るように、全ての加盟国に要求する。」というものです。この修正案は賛成28、反対83、棄権47で否決されました。
エジプトが出した第2の修正案は、「すべての人間は生命に対する固有の権利を持っていることを再度確認し、堕胎は必要な場合、母親か子供の生命が非常に危険な場合に限定して認められるべきことを強調する。」というもので、この第2の修正案は賛成26、反対84、棄権47で否決されました。

フィリピン、サンマリノ、コスタリカ、グアテマラ、ガボン、ホンジュラス、ハイチ、コロンビア、チリ、エクアドル、パナマは、修正案の趣旨に賛同するが、死刑制度廃止草案そのものに反対で、この修正案が死刑制度廃止草案に入れられるものであるから賛同できないと述べました。ほとんどの国が、修正案で示された生命の権利に関する問題は今後熟慮と考察の時間を要するものであるということに合意して、何カ国かは、来年の国連総会に、個別の生命の権利決議として出すことを要求しました。

結局、決議は否決されましたが、米国はエジプトの最初の修正案に賛成の票を投じました。米国は票を投じた説明として、胎児は保護されるに値する存在であることに合意すること、そして、胎児の生命保護に関して厳正であるべきだと親しい国々に促したことを述べました。
死刑に対するモラトリアム(一時停止)を要求する非拘束の決議は、賛成99カ国、反対52カ国、棄権33カ国で採択されました。

毎日新聞
国連第3委:死刑の一時停止求める決議案を初採択
 【ニューヨーク小倉孝保】欧州連合(EU)など87カ国が国連総会第3委員会(人道問題)に提出していた死刑執行の一時停止(モラトリアム)を求める決議案が15日、小差で採択された。同委員会が死刑のモラトリアム要求決議案を採択したのは初めて。国際社会で死刑反対の動きが強まっていることを象徴する結果といえそうだ。
 賛成はEUのほかトルコ、イスラエルなど99カ国。反対は日本、米国、中国など52カ国、棄権が33カ国。12月中旬の総会で採択されれば正式な国連総会決議になるが、委員会が小差だったため、総会での採択は微妙な情勢だ。日本はモラトリアムが憲法に反することなどを理由に反対した。
 採択された決議案は▽死刑は人間の尊厳を否定し、死刑廃止は人権保護に貢献すると確信する▽世界的な死刑廃止や執行一時停止の動きを歓迎する▽死刑を廃止した国には死刑制度を復活させないことを求める--としたうえで、死刑執行を続けている国に対して▽死刑を制限して執行を受ける者の数を減らす▽死刑廃止に向けてモラトリアムを作る--ことなど求めている。
 決議案の協議では、モラトリアムの設定が最大の焦点となり、イランやエジプトなどは、その部分を「死刑を凶悪犯罪に限定する」との表現に替えるよう求める決議案を提出したが否決された。
 EUはここ数年、死刑のモラトリアム要求決議案採択を目指してきたが採択のめどが立たず、提案を見送ってきた経緯がある。国連人権委員会(現在の人権理事会)では「死刑に疑問を投げかける」決議案が採択されたことがある。
 人権擁護に取り組む非政府組織(NGO)「アムネスティ・インターナショナル」は「歴史的な決議だ」と歓迎を表明した。
2007年11月16日 9時56分
【 2007/11/26 14:08 】

| FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報 | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。