スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
家族のきずな「弱まった」9割…読売調査
家族のきずな「弱まった」9割…読売調査 2008年4月26日(土)22:57

 最近の「家族の絆」に関する調査では、「家族の絆が強まった」が1割にも満たず、逆に「家族の絆が弱まった」がほぼ9割になっています。大変寂しい数字です。
 「家族観」については「子供の躾が出来なくなってきている」と「一緒に過ごす時間が少なくなってきている」が8割以上に上っていますが、両者は相関関係にあるように思えます。つまり、“子育ては手間隙かけて”と言われるように、愛情さえあれば気持ちさえあればよいものではなく、忙しくてもある程度の時間を子供と過ごす必要があるということです。
 家族についての希望や心掛けの調査結果をみると、やはり「絆を大切にしたい」と思っている人は多く、「できるだけ話をするよう心掛けている」と答えています。家族の大事さは皆分かっているのです。
 近頃、街で育てている花を荒らしたり、水鳥を殺傷したりするニュースを目にしますが、いかに心が荒んできているかを突きつけられる思いです。
 豊かな心の形成は家庭から、だと思います。また心の安定は家族の絆の強さ(私は家族に愛されている、私は家族から必要とされている、私は家族のために生きたい、という思いで結ばれている)と密接な関係があります。
 今回の調査結果を、家族を見つめ直すキッカケにしてほしいものです。


読売新聞社の年間連続調査「日本人」によると、
「家族のきずなやまとまりは強くなってきている」と思う人は「どちらかといえば」を含めて9%に過ぎず、
「弱くなってきている」との答えは89%に達した。

 1985年11月調査では「家族の結びつきやまとまりが強くなってきている傾向がある」と思う人は47%で、この20年余りで家族のつながりが薄れたと感じる人が大幅に増えたことになる。

 今回の調査は「家族観」をテーマとして12、13日に面接方式で実施した。

 日本人の家族については「子供のしつけをきちんとできなくなってきている」と思う人が88%に上った。
 「一緒に過ごす時間が少なくなってきている」という指摘については84%、「互いに干渉しなくなってきている」には74%が「そう思う」と答え、家族関係が希薄になっているとの見方が強かった。
 「まとめ役になる人がいなくなってきている」にも73%が「そう思う」と答えた。

 自らの家族については「きずなやまとまりを大切にしたい」と思う人が98%を占めた。
家族との関係で日ごろ心掛けていることを複数回答で聞くと「できるだけ話をする」67%、「一緒に食事をする」61%、「誕生日など記念日を一緒に祝う」31%--などとなった。「とくにない」は10%にとどまった。
スポンサーサイト
【 2008/04/30 14:55 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。