スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
国連審査会に対してスイスさえ不快感を表明
久々の「国連通信」です。
我々の主張している人権条約委員会の越権行為が、客観的な事実であるということを認識して頂きたいとおもいます。



「国連審査会に対してスイスさえ不快感を表明」


スイスは、国連委員会の越権行為に対する懸念を表明したロシアとエジプトに賛同した。これは、一月に行われた委員会改正に関する国連加盟国の会議で問題になった。
委員会は、児童権利条約始め、種々の人権条約履行を監督している。人権条約は、委員会に対して限られた権限しか与えていない。しかし、国連の各国代表の多くが、最近、委員会が権限を大幅に越えた活動をしていることに対する懸念を表明している。

会議の議長は、加盟国に、委員会が会合をもてるように時間と資金を要求した。これに対して、エジプト代表は、「委任された以上のこと」をする時間があるのに、なぜ時間を与える必要があるのか、説明を求めた。この発言は、委員会が条約を書き直したり、加盟国に対して自国の法改正を要求したりするといった、今までの慣行を指摘
したものだ。議長は小さい声で、こうした越権行為は少なくとも公式の会議の席では見られないと弁明した。

ロシア代表は更に、委員会の越権行為は種々の議題までをも議論する行為にまで及んでいると非難した。この発言は、今まで何度となく委員会から発表された条約文の解釈に関するもので、こうした見解を述べる権限は委員会には与えられていない。
委員会の増大する権限に関して異論を唱えることのないスイスでさえ、加盟国が最近の委員会改正に関して、委員会から適切な説明を受けていないことに懸念を表明した。

去年一年間だけでも、委員会改正に関して三つの声明が国連組織に出回ったが、何一つ加盟国に承認されたものはない。一つの改正などは、全ての委員会を一つにまとめて、全ての国連条約に対して権限を与えようというものだった。これは、マイケル・オフラハティ氏が独自に発案したダブリン声明の特色をなすものだ。オフラハティ氏
はまた、論議の的ともなった2007年のヨガカルタ原理の原動力ともなった人物で、人権条約に性志向や性的自己同一性まで盛り込もうとした。
国連委員会の専門家であり、その権限強化の提案者でもあるフィリップ・アルストン氏は、1984年に次のような予言じみたことを書いている。「数年以内に、国連組織は、望ましさ、現実性、範囲、形態などといったことを充分考慮することなく、新しい人権条約を宣言する圧力に見舞われるだろう。」

アルストン氏の予言は、委員会のメンバー、NGO、そして国連職員がNYのグレンコーブに集合して、現存する人権条約にいかにして新しい権利を盛り込むかについて策略を練った1996年に、現実のものになり、それ以来、委員会は益々攻撃的に条約を解釈しなおし、こうした新しい解釈に基づいて法律を見直すように、各国政府に迫ってい
る。
加盟国との協議を含む次の委員会改正の会議はスイスのシオンで5月に開催される。

C-FAM(Catholic Family & Human Rights Institute) 2月10日 by Terrence McKeegan
スポンサーサイト
【 2011/02/17 10:54 】

| 国連通信 | コメント(1) | トラックバック(0) |
産経新聞 児童虐待に関する記事
久々の更新です。ブログには掲載していませんが、我々は色々な活動を、活発に展開中です。
産経新聞の記事に、我々の事務局長のコメントが掲載されました。


(上)「虐待、表に出ないだけ」 世界初の体罰禁止法、親の意識変化
2011.2.11 20:18 (2/3ページ)

体罰が法律で禁じられているスウェーデンに住むラーシュ・ハリーンさん一家。彼らは「体罰を知らない世代」だという世界で初めて体罰を法律で禁じ、子供への暴力が劇的に減ったといわれる国が北欧にある。高福祉国家として名高いスウェーデン。彼らの取り組みは、子供への虐待が続く日本にとって果たしてお手本となり得るのか。子供への暴力を減らす糸口を求めて、かの地を訪ねた。
 午後3時、緯度が高いためすでに日没を迎えた首都ストックホルムの中心部に、中学教師のラーシュ・ハリーンさん(44)一家のアパートがあった。研究者の妻(41)、3人の子供と暮らしている。
 「私は一度も親にたたかれたことがない。親の世代は体罰を受けていたと聞くが今では考えられない」
 32年前の1979(昭和54)年、同国は日本の民法の家族法に相当する親子法に、子供への暴力を禁止する規定を設けた。当時13歳のハリーンさんは、いわば「体罰を知らない世代」。長女のセルマちゃん(5)を抱き寄せながら「腹が立っても『たたく』なんて考えもしない。口で教えて考えさせます」と話す。日本で児童虐待が社会問題化していることを問うと、信じられないという表情で問いかけてきた。
 「子供をたたいて痛みと恐怖心を植えつけることに何の意味があるのですか」


               ◇
 同国のカールスタード大学などの調査によれば、1960年代には95%の親が体罰を行っていたのに対し、80年代は35%、90年代20%と減り続け、2006年には12%になった。同大のスタファン・ヤンソン教授(65)=小児科学=は「こんなに大々的に大人の意識と行動が変化したことは他にない」と話す。また児童虐待防止の全国組織「NSPCC」の調査では、1981~96年の児童虐待死は4人となっている。
 だがこの数字には疑問符が付く。英国の社会学者、クリス・ベケット氏は同国の雑誌に寄せた論文「スウェーデンの神話~体罰禁止と児童死亡統計」の中で「この中には母親の欝によるもの、心中、育児放棄は含まれていない」と指摘している。
 スウェーデンが子供への暴力を防ぐことに効果があったと主張する体罰禁止法は、現在世界約190カ国のうち北欧3国をはじめドイツ、中南米、アフリカなど29カ国が制定している。だが、必ずしもこれらの国の児童死亡率が低いわけではない。ユニセフのリポート(2003年)では「もっとも低いのはスペインで10万人に対する死亡数は0.1人。続いてギリシャ、イタリア、アイルランド、ノルウェーと続き、そしてオランダとスウェーデンが0.6人」とされており、スウェーデンはスペインの6倍ということがいえる。この中で、スペイン、ギリシャ、イタリア、アイルランドは体罰を法律で禁止していない。

スウェーデンでも体罰はなくなったわけではない。
 《夫が1歳半の子供のいたずらに怒り出して首を絞めた。私は『やめて! 離して!』って怒鳴ったの》
 スウェーデン最大の会員制子育てサイト「ファミーリブ(家族の暮らし)」に昨年12月、こんな書き込みがあった。アンナ・フォルムクリスト編集長(39)は「家庭内で体罰や虐待が依然としてあることはインターネット上の投稿からも分かる。法律があるため表に出ないだけだと思う」と明かす。
 家族の絆を守る会の岡本明子事務局長は「欧州では長く子供は『小さな大人』として支配される弱者だった。体罰を法で禁じてまで子供の人権を守らねばならないほど過酷な体罰が行われていた歴史的背景がある」と話す。岡本さんは言う。「法が家族の中に入ってくるのは本当はおかしなこと。子供を自主的にかわいがる心を育む環境を作ることが一番大事なはずだ」

【用語解説】スウェーデン
 人口は約930万人で日本の13分の1、面積は約45万平方キロで1.2倍。2009年の一人当たりGDP(国内総生産)は4万3986ドルで日本の1.1倍。消費税率が6~25%と税負担が高い一方、育児休暇や保育所など子育て支援を含めた高福祉国家として知られる。


(下)個人を重視 崩壊する家族2011.2.12 21:18 (1/2ページ)

平日のスウェーデンの喫茶店。育児休暇中の父親「カフェラテパパ」たちが集う=ストックホルム
 右腕にわが子、左手にカフェラテ。平日の昼下がり、スウェーデンの首都ストックホルムの喫茶店で、育児休暇中の父親たちが子育て談議に花を咲かせていた。スウェーデン人は牛乳たっぷりのカフェラテが大好き。子供と喫茶店に集う父親たちは「カフェラテパパ」と呼ばれ、この国ではありふれた光景だ。
 次男のアロルちゃん(1)を抱いた会社員、グスタフ・デイノフさん(32)は「今は妻が働いているからこの子を私が育てている。育休の間は子供と遊べて、子育ても勉強できて楽しいですよ」と話す。
 同国では体罰を法律で禁じた結果、体罰に代わる子育てが模索されてきた。男性が積極的に育児に関わるようになったのもその表れだという。共働きが基本の同国では育児休暇制度が普及し育休中の給与も1年以上80%が保障される。福祉サービス充実の観点から保育所も多く、残業の習慣がないため父親の帰宅時間も早い。精神的、経済的にも余裕をもって、家族の中で男女が効率よく役割分担をしているようにもみえる。
     ◇
 だが同国の子育ては、必ずしも両親と子供が1対1で行われているわけではない。スウェーデンの家族のあり方に詳しい民間シンクタンク研究員、中間真一さん(51)は、「よくも悪くも極めて合理主義の国民。無用な我慢はしないので簡単に別れたりくっついたりする。法律婚は手続きが面倒でその結果、事実婚であるサムボ(同棲)やシングルマザーが当たり前になっている」と話す。そのため家族の縛りや制約、偏見は全くといっていいほどないのが現状だ。

 親が離婚(パートナー解消)をして新しいパートナーと住めば、またそこで新しい子供が生まれる。次第に異父(母)兄弟が増えていくという複雑な家庭環境はこの国ではめずらしくない。中間さんは言う。「子供に話を聞くと『急に新しい父親だと紹介されて訳が分からなかったしつらかった。もちろん本当の両親と暮らすのが一番ハッピー。でもお母さんにも選択の権利があるから』と言うんです」
     ◇
 「自己選択・自己責任・自己決定」が重視される同国では、離婚と再婚、カップルの解消と成立が繰り返され、婚外子率は6割近くに上る。日本が約2%であることを考えると圧倒的に多い。一部にはスウェーデンの婚外子の増加を少子化に歯止めをかけたとしてプラスにとらえる見方があるが、高崎経済大学の八木秀次教授(48)はこうした複雑な家庭環境が子供の内面にもたらす負の側面に警鐘を鳴らし「心身が不安定になり、行き場がなくなって薬物や酒、非行に走る率が高い」と指摘する。
 家族の絆を守る会の岡本明子事務局長も「婚外子が6割近いというのはすでに家族が崩壊している証拠。婚外子の増加で出生率だけ上がっても仕方がないのではないか」と疑問を呈する。岡本さんは「『個人としての人間』を追求し、自由を求めれば家族は煩わしくもある。でも欧州のように宗教的なつながりを持たない日本にとって、家族は社会を存立させる、もっとも大切なもの」と訴える。
 スウェーデンは移民が多いことでも知られる。子供のために活動するNGO「セーブ・ザ・チルドレン・スウェーデン」のオーサ・ランドベリ代表(47)は「私たちが体罰禁止を主張しても、移民とは文化的な違いがあり、浸透していないことはわかっている」とし、続けた。「子育ては文化的な要素が大きい。私たちの国をひとつの参考として、それぞれの国や家庭に合った方法を見つけ出せばいい。それはきっと次の世代のお手本になるはずです」(田中佐和、写真も)
【 2011/02/17 10:51 】

| FAVS(家族の絆を守る会)~家族関係資料 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。