スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
「家族の絆を守る会」設立総会のご案内
私達は、NPO法人化を目指して、「家族の絆を守る会」を設立します。
そして、国連・経済社会理事会での協議資格を持つNGO登録を申請したいと思っています。

この会の設立の趣旨などは、徐々に述べて行くつもりですが、
下記の要綱で「設立総会」を行いますので、家族の価値や絆を守りたいと思っている皆さんには、是非ご参加頂いて、この会の会員になって頂きたいと思っています。
よろしくお願い申し上げます。   

  日  程:平成19年4月26日(木) 午後2時~
  会  場:衆議院第2議員会館・第1議員会議室
  来賓の挨拶:古屋 圭司衆議院議員
          萩生田光一衆議院議員
稲田 朋美衆議院議員  
  参加費:無料
スポンサーサイト
【 2007/04/14 01:23 】

| お知らせ | コメント(3) | トラックバック(1) |
<<「家族の絆を守る会」設立総会のご報告 | ホーム |
コメント
--- 家族の絆ですか・・・・。 ---

こんにちは。北川と申します。
100人中100人の人が家族の絆は大切だというでしょうが、家族の絆って何かな?って考えたら、
家庭の教育力・家族の教育力という考えが、出てきましたが、こんな感じで良いのでしょうか?
北川です。 * URL [編集] 【 2008/01/10 22:52 】
--- ---

北川様コメント有難うございます。
個人主義が幅を利かせて、個人の自由や権利が主張されがちな昨今ですが、その一方で感謝の心、畏敬の念、尊敬する心、使命感が失われ、孤独に苛まれているように思われます。 人間は感謝など大事な心を、最初に家庭の中で家族を通して学ぶものだと思います。「絆」とは「離れにくいつながり」「固いつながり」ですが、強い家族の絆、それは北川様の仰る「家庭の教育力、家族の教育力」によって築かれるものだと思います。
管理人A * URL [編集] 【 2008/02/10 22:26 】
--- ---

夫妻と親子を守る為に、抗議と要請を送って下さい

緊急のお願い                            5月28日午後
 
 今日まで伏せて居ましたが、先ほど、両親は幼児を抑留施設から、自主的に・無事に取り戻しましたので、公開します。
 緊急のお願いです。この幼児を再び拉致・抑留しない様にとの、抗議と要請を、東京都児童相談センターへ送って下さい。
 これが無いと、この幼児に二度目の拉致が起きてしまいます。
 これに依って中島家の子供と両親が助けられます。以下、ぜひともお願い致します。

 先に東京都児童相談センターは、両親の不和と入院などの事情から幼児(4歳)の一時預かりをしました。
 しかし一部少数の偏向した職員らに主導された同児童センターは、両親の和解と母の退院後も、幼児を抑留したまま返そうとせず、口先だけの非常識な理屈と要求を付け加えて、両親の願い翻弄して、困らせて居ました。(詳しくは、下の別紙に有ります)
 ともかく偏向した人々は夫妻が離婚せず、家族が再建されるのを許せなかった様で、DV防止による敵対離婚を勧める人々と同類の人々です。

 各地の女性相談センターや児童相談所などが、少数の偏向した人々に操られて、家族破壊活動を続けています。良識の力で一つでも多く止めさせましょう。


抗議・要請先

東京都児童相談センター

   所長 丸山浩一殿
   所員 大場殿・青木るり子殿
〒162-0052 東京都新宿区戸山三丁目17番1号 
  

  電話 03-3208-1121(代表)    FAX 03-3205-7158

  メイル 事業課 S0000247@section.metro.tokyo.jp    相談処遇課 S0200122@section.metro.tokyo.jp 

        



    

   要請書

東京都児童相談センター                       ‘08年5月28日

  所長・丸山 浩一 殿

  職員・大場、青木るり子殿

 

貴職らが中島家への家族破壊・子育て妨害を直ちに止めて、

      常識・良識・公正さの有る職務遂行に専念する事を要請します

 

貴相談センターが少数の偏向した職員に主導されて、ひたすら非常識な事柄を行なっている状態を危ぐします。正常化を求めます。

 今日、新たな社会・共産主義と過激子供権利主義と過激女権主義と各種利権主義の人々(貴相談センター内にも居る)が連合して、子供も利用して家族破壊を進めています。破壊を先行させた、虚偽の理想社会をねつ造しようとの教条と活動を進めています。異常な人々です。

 (この人々は教条に合わない緊急・深刻な子供傷害などにほとんど関心を持ちません)



 具体的に事例を見て行きましょう

・‘06年11月頃、同家(四人家族)では夫妻間に不和・あつれきが有り、改善策を求めて、妻が都のウイメンズプラザへ相談に行った。

・‘07年3月頃、妻が港区役所保護課と赤坂警察署へ相談に行き、次男(4歳)と共にDV法上の隔離所(東京都市谷シェルターなど)に入れられた。

(しかし妻はここの異常さに気付き、横須賀の場合と同じく、直ぐに自主退去=逃走している)



・同6月、夫のみが家を出て別居する。

・同7月から夫妻関係調整に付いて、家庭裁判所で調停が開始される。

・同11月、調停中に、妻は心身の健康を損ない入院が決まる。夫は妻の所へ行き、事情を知り、子供を引き取る。ここで夫は正規の勤務が有るため、次男の養育に付き東京都児童相談センター(以下、児相と言う)に相談した。結果的には児相が預かる事(一時保護)となる。

やがて児相から外部の養育施設へ引き移された。(有料)



・08年1月、妻が退院する。調停の取り下げと夫妻・家族の再建が始まる。なお退院後に夫妻は児相へ次男の引き取りを希望する。

・同2月、青木氏は「別居していれば次男を返す。離婚した方が良い」との意味合いを妻に語る。児相は次男を返す意向を示さない。

・同2月夫妻は再同居を開始して、家族の再建が大きく進む。妻の健康も回復する。



・同3月、夫妻は次男を引き取る事を父母として正式に要請する。児相は「中島家の様子を長期間見させて頂く」として、いわく付きの洗脳プログラムを受ける事も要求する。

・同4月、夫妻は大場・青木氏と面談。ここで次男を返さない理由として「家庭環境が子供を育てるのに相応しくない」「子供に精神的虐待をした・する可能性が有る」などが語られる。(これは実際に何所の家庭へも当てはまる事由、一見正しそう見えても破壊の口実そのものです)(後注)

・同5月、家族を守る会の岡本氏を経て、支援の会(下記)へ相談する。会から「夫妻の不和の責任は双方に有る・互いに相手を理解する努力が必要」を条件として、支援を約束する。



・同5月28日、夫妻は児相の抑留・軟禁から次男を自主的に手元へ保護しました。子供の権利も守りました。

 

 私たちは再度、貴児相に要請します。

 偏向した一部の職員たちは次男を再び拉致・軟禁しようと動くでしょう。これは異常に異常を重ねる行為です。絶対にやらないで、そして止めさせて下さい。家族破壊で無く、再建の大切さを理解して、無言で支援して下さい。



(後注)これがスターリン方式。根拠の無い理由を次々と当てはめて、多くの人々を迫害しました。

先に横須賀児童相談所もこれを行ない、多くの非難を受けて、無条件で子供を解放しました。



支援の会・・・DV防止(家族破壊)法犠牲家族支援の会・・・児童福祉法濫用防止を含む

  代表 野牧雅子  茅ヶ崎市白浜 5-22     090-9802-6698

  幹事 小菅 清  つくばみらい市城中1-10   090-6932-2698

  相談員・支援者一同  各人が常識・良識・公正さを大切にして、支援しています



内外地理研究会(小菅 清)・・・ 国際困り事&DV防止(家族破壊)被害&その他の相談
300-2314 茨城県伊奈町(つくばみらい市)城中1-10 050-3321-1724 090-6932-2698
kosuge@deluxe.ocn.ne.jp http://www8.ocn.ne.jp/~kosuge/ 詳細はwsの参照へ
小菅 清 * URL [編集] 【 2008/05/28 19:57 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/1-2379e6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
家族について
家族家族(かぞく)とは、一般的にはある単家族を中心にまとまった血縁集団を基礎とした小規模な共同体のことである。同じ家屋に居住する血縁集団に限定して使う場合もあり、現代日本では直系親族を中心とする単家族のことを指す場合もある。英語では&quot;family&quot;と表 婚約指輪【 2007/04/20 02:31 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。