スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
国連審査会に対してスイスさえ不快感を表明
久々の「国連通信」です。
我々の主張している人権条約委員会の越権行為が、客観的な事実であるということを認識して頂きたいとおもいます。



「国連審査会に対してスイスさえ不快感を表明」


スイスは、国連委員会の越権行為に対する懸念を表明したロシアとエジプトに賛同した。これは、一月に行われた委員会改正に関する国連加盟国の会議で問題になった。
委員会は、児童権利条約始め、種々の人権条約履行を監督している。人権条約は、委員会に対して限られた権限しか与えていない。しかし、国連の各国代表の多くが、最近、委員会が権限を大幅に越えた活動をしていることに対する懸念を表明している。

会議の議長は、加盟国に、委員会が会合をもてるように時間と資金を要求した。これに対して、エジプト代表は、「委任された以上のこと」をする時間があるのに、なぜ時間を与える必要があるのか、説明を求めた。この発言は、委員会が条約を書き直したり、加盟国に対して自国の法改正を要求したりするといった、今までの慣行を指摘
したものだ。議長は小さい声で、こうした越権行為は少なくとも公式の会議の席では見られないと弁明した。

ロシア代表は更に、委員会の越権行為は種々の議題までをも議論する行為にまで及んでいると非難した。この発言は、今まで何度となく委員会から発表された条約文の解釈に関するもので、こうした見解を述べる権限は委員会には与えられていない。
委員会の増大する権限に関して異論を唱えることのないスイスでさえ、加盟国が最近の委員会改正に関して、委員会から適切な説明を受けていないことに懸念を表明した。

去年一年間だけでも、委員会改正に関して三つの声明が国連組織に出回ったが、何一つ加盟国に承認されたものはない。一つの改正などは、全ての委員会を一つにまとめて、全ての国連条約に対して権限を与えようというものだった。これは、マイケル・オフラハティ氏が独自に発案したダブリン声明の特色をなすものだ。オフラハティ氏
はまた、論議の的ともなった2007年のヨガカルタ原理の原動力ともなった人物で、人権条約に性志向や性的自己同一性まで盛り込もうとした。
国連委員会の専門家であり、その権限強化の提案者でもあるフィリップ・アルストン氏は、1984年に次のような予言じみたことを書いている。「数年以内に、国連組織は、望ましさ、現実性、範囲、形態などといったことを充分考慮することなく、新しい人権条約を宣言する圧力に見舞われるだろう。」

アルストン氏の予言は、委員会のメンバー、NGO、そして国連職員がNYのグレンコーブに集合して、現存する人権条約にいかにして新しい権利を盛り込むかについて策略を練った1996年に、現実のものになり、それ以来、委員会は益々攻撃的に条約を解釈しなおし、こうした新しい解釈に基づいて法律を見直すように、各国政府に迫ってい
る。
加盟国との協議を含む次の委員会改正の会議はスイスのシオンで5月に開催される。

C-FAM(Catholic Family & Human Rights Institute) 2月10日 by Terrence McKeegan
スポンサーサイト
【 2011/02/17 10:54 】

| 国連通信 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<児童の権利条約第3議定書について | ホーム | 産経新聞 児童虐待に関する記事>>
コメント
--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
* [編集] 【 2011/05/19 23:21 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/109-97add05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。