スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
国連通信第39号
国連通信第39号

今週の国連通信は、世界人口基金(UNFPA)が、堕胎を世界中で行わせようとする、新たな世界戦略を提案しているという話題です。
この国連通信では、「堕胎」のことが毎回取り上げられますので、少々うんざりしている方もいらっしゃるかもしれません。今回も、文章的にはちょっとつまらないかもしれません。
しかし、これはフェミニズムや我が国の男女共同参画基本法、並びに男女共同参画局の施策にも密接につながるものです。
フェミニストの求めるものの一つに、性的な自由があります。
そして、男女の差をなくそうとしても最後に残る、女性の「産む性」をコントロールしようというのが「リプロダクティブ・ライツ・・・産むか産まないかの自己決定の権利」です。

こんな勝手な生命軽視・人殺しイデオロギーを、世界中に撒き散らそうというのが、UNFPAの提案です。
また、もうひとつ重要な点は、本文にもありますが、貧しい国々が、UNFPAが出す資金によって堕胎を禁止する国内法を持つ国であっても、貧しいが故に従わざるを得ないということです。
UNFPAに限らず、この手法は、国連の得意技です。
人種差別撤廃条約などを作っているのに、差別して圧力をかけるのは国連なのです。


「UNFPA(世界人口基金)が、「Reproductive Health/Abortion」(生殖の健康・堕胎)を強力に進める新たな世界的キャンペーンを提案」
UNFPAは、国連総会の希望に反して、複数の国連機関や国連委員会によって利用されている堕胎を含む「リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)サービス」、「リプロダクティブ・ライツ(性と生殖の権利)」を普及させる提案をしています。彼らは、この新しい世界的キャンペーンのために、2億2400万ドルの予算を求めています。

***
国連人口基金(UNFPA)は、世界の様々な地域を評価しているのですが、地域状況には差があるにもかかわらず、複数の国連機関や国連委員会によって利用されている堕胎を含む「リプロダクティブ・ヘルス・サービス」、「リプロダクティブ・ライツ」を普及させる提案をしています。UNFPAは最近、「性と生殖に関する権利意識」の喚起と支援を目指して、包括的な4年計画と2億2400万ドルの予算の提案を行いました。「性と生殖に関する健康の権利は、すべての人々に当てはまる」と主張するUNFPAプログラムは、政府、コミュニティー・リーダー、NGO、メディアという社会の全ての機関と仕事をすることによって、世界中に「性のサービス、性と生殖に関する健康サービスの需要、性と生殖に関する権利を発展させる」ことを目標としています。

UNFPAは、その新しいプログラムが、特定地域の文化、社会経済的な情勢を考慮に入れていると主張しています(例えば、アラブ諸国の堕胎促進が問題になっていることなど)。このキャンペーン案はアフリカで提案されたのですが、UNFPAは、人口増加は「経済的キャパシティーを追い越しており」、この地域での「避妊の需要を満たす」ことを目標にすると主張しており、出生率の高い地域をターゲットとしていますけれども、UNFPAは、ほとんどのアフリカの国々で出生率が下がっているという事実や、アフリカの国々で平均寿命が1940年代にまで落ちていることを考慮に入れているとは思えません。また、UNFPAのプログラムは、ティーンエイジャーのコンドーム使用の増加を提案しています。

UNFPAは、アジアとヨーロッパにおける出生率低下を認識しており、アジア・ヨーロッパの堕胎率の高さには「高品質の家族計画サービス」と「高品質のリプロダクティブ・ヘルス・サービス」の普及が必要であると述べています。国連総会では一度も「堕胎」を定義したことはありませんが、CEDAW(女子差別撤廃)委員会は、女子差別撤廃条約には、「堕胎」を意味する「リプロダクティブ・ヘルス」が含まれていると解釈しています。

アラブの国々では、UNFPAの「リプロダクティブ・ヘルス・サービス」の要求を受け入れる土壌は、「紛争と治安情勢」にあります。
ラテンアメリカとカリブ海では、「リプロダクティブ・ライツとリプロダクティブ・ヘルスの必要性」を広げようとするUNFPAの提案が受け入れられる土壌は、「青少年の出産率の高さ」にあります。
またラテンアメリカでは、UNFPAプログラムは、合法的な堕胎手術を受けさせるというような「リプロダクティブ・ライツを保護する政策と法律を強いる」ものになります。

UNFPAの批評家は、「リプロダクティブ・ヘルス・サービス」「リプロダクティブ・ライツ」、「リプロダクティブ・ヘルス」という言葉が「堕胎」を意味することに注目しています。「リプロダクティブ・ヘルス・サービス」「リプロダクティブ・ライツ」に堕胎の意味を付与するために、強力なNGOや国連諸機関によって故意に誤って解釈され続けているために、これらの言葉は、国連社会政策の議論において高度な論争の種になり続けています。

UNFPAの2億2400万ドルのプログラムの内訳は、アフリカで4700万ドル、アジアと太平洋地域で3300万ドル、ラテンアメリカとカリブ海で2600万ドル、アラブ諸国、東ヨーロッパ、中央アジアでそれぞれ1400万ドルに費やすつもりです。残りはUNFPAの世界的戦略資金となります。

この予算額の計算は一見意味のないものに見えますが、堕胎を犯罪とする国家であっても、UNFPAが、そのアジェンダを促進することを認めざるを得ない貧しい政府にとっては、重要な意義を持つのです。
UNFPAの提案に関する決定は、来月になります。


スポンサーサイト
【 2007/08/12 22:51 】

| 国連通信 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<反差別撤廃NGOネットワークの最近の動き | ホーム | 人種差別撤廃条約 政府報告に関する意見交換会>>
コメント
--- 史上最強自動アフィリエイトツール ---

SEO対策なんて時代遅れです!
史上最強自動アフィリエイトツールの決定版!!
http://saikyoutool.bakufu.org/
アフィリエイター * URL [編集] 【 2007/08/13 02:16 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/18-3c2ec496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。