スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第50号
FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報 第50号

今回も引き続き、ロンドンにおける“Women Deliver”会議についての話題で、保守国連NGOの人々が国連に抗議の手紙を送ったという内容です。

これらの保守国連NGOの人々は、World Congress of Familiesのメンバーの方々です。World Congress of Familiesは、3年に一度、世界的な会議を開催しており、本年5月にはポーランドのワルシャワで会議が開催され、私達「家族の絆を守る会」のメンバーも参加しました。

メンバーにはバチカン法王庁も加わっていて、1995年の北京で開催された世界女性会議(通称「北京会議」)では、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖の健康・権利)を巡って、フェミニストと対峙して、この概念を国連で採用しないように阻止したのがWorld Congress of Familiesのメンバーです


「保守国連NGOは、女性の本当に必要としているものを犠牲にして堕胎を推進する“Women Deliver”会議を告発する」


本日、Catholic Family and Human Rights Institute (C-FAM)、United Families International、Concerned Women for America(以上米国)、World Union of Catholic Women’s Organizations, Institute for Family Policy, Instituto Mujer y Vida (以上スペイン)、Comite Nacional Provida de Mexico、Society for the Protection of Unborn Children (英国)、その他多くのNGOが共同して、国連へ手紙を出しました。
その中で、結論を出したばかりのWomen Deliver会議の主催者達は、会議が女性の本当に必要とするケアよりも、堕胎促進に関することばかりだったと苦情を伝えています。

以下は、手紙の内容です。「私達は、Women Deliver会議が、妊産婦死亡率と疾病率を縮小するというミレニアム開発目標5を扱うという所期の目的を満たしていないことに、深い失望と落胆した思いをお伝えしたいと思います。代表者達は、特に開発途上国で非常に多くの母親の死に直結している妊娠出産の合併症の原因、予防、治療に関して有効な解決策を考える地球規模の会議に出席するよう依頼されました。遺憾にも、会議の議題は堕胎のイデオロギーと実践を促進することだと思い込まされてしまって、純粋に女性と子供の健康における必要なことが、本会議においても公開討論会の中でも事実上無視されてしまい、圧倒されてしまいした。」

約1700人の人々が、ユニセフ、国連人口基金、世界保健機構という国連機関に加えてInternational Planned Parenthood Federation、Marie Stopes Internationalという多くの堕胎支持グループが後援したロンドンでの3日間の会議に出席しました。C-FAMフライデイファクスによれば、本会議総会開始から、会議の主催者・発言者達は、世界的問題である妊産婦死亡率のナンバーワンの解決策は堕胎権であると発表して、会議の全体的雰囲気を決定しました。会議の3分の1は堕胎、堕胎擁護に焦点を当てたもので、マラリア、産科フィステル(外傷等で出来た穴)という重要な問題がごく僅かに扱われただけでした。さらに、新生児の健康については2つの会議で扱われただけで、清潔な水、避難所、栄養という基本的な議題は事実上不在でした。

C-FAMの副会長スーザン・ヨシハラは、「母と新生児の健康と銘打ちながらも、それについて覆い隠した会議の中で、堕胎支持の顔を見るのは心臓が潰れる思いでした。有望な議論があったにも関わらず、プロ‐チョイス(堕胎支持)が、この会議全体を圧倒しました。この会議について知らされた人は誰もが、この会議は主として堕胎を合法化し資金提供することに関するものだったと理解するに違いありません。私は、できるだけ多くの人々に私達の手紙が伝わるように、世界中の友達に呼びかけます。」と述べました。


スポンサーサイト
【 2007/10/29 23:06 】

| FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第51号 | ホーム | FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第49号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/42-51873ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。