スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第53号
FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報 第53号

 今号は、米国の国連改革についての話題です。
 国連資金の使途について、これまで知っている人はいたでしょうか?
 実は驚くべきことに、使途が明らかにされていないのです。この通信の中にある「北朝鮮への国連開発援助」など、とんでもないことです。
 国連分担金1位の米国は、さすがにこの問題に気づき、改革させるような計画を推し進めようとしています。どれほどの効果が表れるかは今後注目していきたいと思います。さらに言うならば、米国は人権条約批准の際こそ、国連に改革をせよと迫るべきでしょう。
 しかし国連への分担金2位の日本は、何を行っているのでしょうか?!おそらく何も国連に対して要求もせず、多額のお金だけを払って、唯々諾々と国連に従い、自らの主権を否定されているだけではないでしょうか。
 国連分担金は、米国22%、日本16.624%(昨年まで19.468%)で、3位のドイツは8.6%ほどで、圧倒的に米国と日本の拠出が多くなっています。
日本の拠出金額は、2007年332.6百万ドルです。
 日本も主張すべきことがあるはずです。


「財務公開をしない国連:米国が再び国連改革へ」

国連は、米国その他の国家から受け取っている数十億ドルを、どう使っているのか公開することを断固として拒絶しています。米国は、国連の帳簿を公開する改革を始めました。
加盟国から数十億ドルを集める国連及び関連機関は、そのお金がどこでどう使われているのかを明らかにすることを拒絶しています。透明性がないため、お金にまつわる様々なスキャンダルが起こっています。
国連での会計改革の手段として、米国はthe United Nations Transparency and Accountability Initiative (UNTAI)(国連透明性と責任能力を問う計画)を始めました。何年も不始末を指摘されていた国連の資金政策について、米国のUNTAI(計画)は、「国際的な援助金を世界で最も必要とする人々に効率的・効果的に届けられるようにする試み」となるものです。

UNTAI(計画)は、国連の資金を必要とする幾つかの地域を設定して、それが確実に行われることを目標にしています。改善策は次の点です。
内部監査と報告書の作成、業務・活動に関する文書の公開、国際的な会計基準の採用、独立した内部監査組織、資産公開政策、効果的な倫理部門の設立。

米国は、世界中の開発計画への貢献と共に、平和維持活動、業務予算などの国連自体に対して、毎年30億ドル近くを拠出しています。国連改革に関わる支持者達は、米国は国連への最大拠出者としての地位を利用して、画期的な変化をもたらすべきであると述べています。
国連をよりオープンで、責任のあるものにしようとする米国の、長年の取り組みの最新の計画が、UNTAI(計画)です。今年6月、米国上院議員連盟は、米国があらゆる国際協定批准を考慮する際に、米国政府が国連に改革を最優先事項とするように要求するよう、上院外交委員会委員長、ジョゼフ・バイデン上院議員に文書として送りました。上院議員達は、イラクでの石油と食糧の交換計画をめぐるスキャンダルや、北朝鮮への国連開発援助の誤りなど、国連が「腐敗と不始末」に弱く、国連事務局および国連総会の改革実行力の無さが「国連の管理能力と効力を腐食させている」と主張しました。

ヘリテージ財団で国連問題を扱っているブレット・シェーファー氏は、次のように述べています。
「(国連で)近年起こった多くのスキャンダルは、NYや世界中の国連システムが直面する管理上の問題の本当の姿を照らし出しています。腐敗と、責任能力を保証する基本的な方法を持っていないために、国連は不透明なのです。米国はここ数年、ジョン・ボルトン前大使の下で、国連システムの責任能力、透明性を確保し、監視を行うことを推し進めています。(略)残念ながら、殆どの改革案は加盟国によって反対されていますが、米国上院議員達とUNTAI計画は、再びこの問題への関心を高めるよう努力しています。」


スポンサーサイト
【 2007/11/25 00:08 】

| FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第54号 | ホーム | FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第52号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/50-27ad5c99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。