スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第59号
FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報 第59号

今年最後の「国連情報」は、ヒトクローンの話題です。
クローンについては、日本では、文科省でヒトクローン胚の研究利用作業部会が6月に中間とりまとめを行い、意見募集を行ったところです。

ところで、先日、京都大学の山中教授らがヒトの皮膚細胞から、あらゆる細胞に分化できる『万能ES細胞』を作ることに成功したというニュースを耳にされた方も多いと思います。
ヒトクローン由来のES細胞を使わなくても済むということで、クローンのように倫理的には問題が少ないということで、今回伝えられたクローン論議にも変化を齎すものではないかと思われます。
ところで、以下の国連情報の中で問題だと思うのは、「倫理の多様性への尊重を拡大すること」を正当化しようという点です・・・。

来る年が日本にとって良い年となるよう、切に願っております。皆様も良い年をお迎え下さい。


「国連大学がクローン人間についての討論再開を要求」

2005年に国連総会は、3年間討論した末に、あらゆる形式のクローン人間を禁止するという歴史的な投票を行いました。国連大学からの新しい報告書は、死に帰着する医学的実験を目的とするヒトクローンに関する討論を再開し、ヒトクローン胚の生成を可能にしようと求めています。

2005年に決着した論争の国連クローニング討論の再開を、東京の国連大学(UNU)が、最近公表された報告書の中で要求しました。著者は、「クローン人間が禁止された範囲以外の世界のどこかで出現している可能性への重大な懸念」があると警告しており、いわゆる「reproductive cloning(複製クローン)」だけを法的に禁止するよう国際社会に要求しています。

問題は、人クローンを如何に定義するかです。2つのタイプの人クローンがあると言う人もいます。クローン胚が実験され殺される「治療的クローン」、そして、クローン胚が完全に許可される「複製クローン」。殆どの人は「複製クローン」は禁止したいというけれども、「クローンを作って殺す」「治療クローン」は許可したいという人もいるのです。

フランスとドイツがヒト胚(ヒト胎児)の医学的実験と彼らの死を命じることを許可する拘束力のある国際協定のための会談を始めたのは、2002年でした。この討論は国連総会で3年間続き、「治療目的」・「複製」という如何なる目的のヒトクローンも禁ずるという非拘束的政治宣言で終わりました。

国連大学(UNU)は、この問題に関する統一的法律等は何もないので、これは非常に問題のある議論ではあるが、複製クローンの禁止を支持する慣例的国際法を検討する討論を再開しようとしています。また国連大学(UNU)は、国際社会のための現在の努力が、「倫理の多様性への尊重を拡大すること」によって、「妥協点を見つける」ことであると主張しています。報告書は、国際的行動に対するいくつかの可能な、次のオプションを示しています‐あらゆるクローン研究の完全禁止、あらゆるクローン研究の一時停止、複製クローンのみの禁止。報告書の公表で、国連大学(UNU)の意図は明らかです。国連大学(UNU)の高等研究所所長であるA・H・ザクリは、「国家が厳密に管理する治療研究を許可する自由と切り離すことの出来ないクローン生成に関して、世界的に法的拘束力のある禁止を行うことは、偉大な政治的実行力に選択の自由を与える。」と述べました。

ヒトクローンに関する拘束力のある法的文書に関する新しい国連交渉は、この問題が2002年に最初に紹介された時と同じように、政治的道徳的に強固な反対が行われるだろうと、研究者は認めています。討論における2つの反する意見の詳細に関する最近の記事では、バチカン法王庁関係者(イエズス会Robert Araujo)は、今後の討論では、おそらくクローニング支持側が保守派の反対を、教会のガリレオ非難に喩えるだろうと述べました。ガリレオは、自説を撤回する際にさえ「それでも地球は回っている」と述べました。Robert Araujoは、「その源がクローニングであっても何であれ、胎児はそれでも生きている、と科学も認識している」と述べました。

スポンサーサイト
【 2007/12/28 23:49 】

| FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<講演会のご案内 | ホーム | FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第58号>>
コメント
--- 日本を敗戦国にしておきながらてめえだけ犯罪で優雅な人生を送ってきた凶悪犯は直ちに新井泉さんを解放せよ。 ---

病気の人々をなおす臨床でものにならなかった落伍者の山中が、ずるくたちまわって国立大学のポストをもらって犯罪を犯しているのは見苦しい。山中は他人のカネで留学させてもらったあげく基礎系の国立大学のポストに居座って、たくさんの機械やスタッフや助手や設備などに全部やってもらって、てめえは称賛だけ得ようというキタナイやくざだ。落ちこぼれのチンピラがマスコミに乗せてもらって栄耀栄華の犯罪人生を楽しんでいないで、凶悪犯罪者と談合して強制的に監禁虐待している偉大な新井泉さんを直ちに解放すべきだ。偉大な新井泉さんを強制的に破壊しておいて、てめえだけのうのうと他人の財産を奪い取っている強盗殺人鬼の山中がでかい面して犯罪を犯しまくっているのをやめろ。
貴子 * URL [編集] 【 2008/01/12 05:25 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/57-de3590fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。