スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
共励保育園訪問記その1
共励保育園訪問記 その1 (平成19年11月14日見学)

 昨年11月14日に「家族の絆を守る会」メンバー6名で東京都八王子市にある共励保育園(長田安司理事長)を訪問しました(昨年のレポートをブログとして載せるのは大変お恥ずかしいのですが、大変学ぶことの多かった一日でしたので、皆様にもお伝えしたいと思いました)。
 その日はよく晴れた秋の日で、長田理事長が出迎えて下さり、一同、園庭を通って園舎の入り口へ。園庭では楽しそうに声を上げて遊ぶ子供達が沢山いました。入り口近くの中庭はお花の管理も行き届いたほっとする空間。そしていよいよ園舎内へ。
 


1.園舎内見学

● ホール 
ここは様々な文化活動を行う場です。子供たちは人形劇やオペレッタ等々、音楽・映像による体験ができます。私共はここで長田理事長のご説明を受け、DVDを見せていただきました。

● 図書室 
子供向けの本ばかりではなく親向けの本もあります。長い机に低い椅子が幾つもあり、子供達は保育士さんだけでなくお迎えに来た親御さんとも読書を楽しめます。

● 保育室 
年齢(0~5歳)にあわせてお教室があります。木のフローリングで目にも優しく、壁に貼ってある絵や小物(遊び道具)も楽しく、すっきり整理され、とても居心地の良いお部屋でした。
 丁度この日は保育参観にあたっており、本の読み聞かせや「ごっこ遊び」では親御さん達が参加され、保育士、子供達、親御さん達がとてもよい雰囲気でした(詳しくは後述しますが、共励保育園はこうした保護者の行事参加を義務付けています。保育園が子供を預けっぱなしになること、また行政もそのように扱うことに、ここでは真っ向から反対しています。親の役割、そして保育園の役割についての長田理事長のお考えには注目すべき点があります)。

● 保育展示のコーナー
 保育に関する展示物があります。親学関連の専門的展示から、子供達の作品の数々、総合保育を体系的に図式化したものや、その中で作った作品の時系列展示(「いも君ちょうちょになーれ!」「くの一忍者お宮ちゃん」、保護者からのアンケート等がありました。

折り紙

いも君ちょうちょになーれ!1

いも君ちょうちょになーれ!2

くの一忍者お宮ちゃん





スポンサーサイト
【 2008/08/23 15:36 】

| 行事記録 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<共励保育園訪問記その2 | ホーム | FAVS(家族の絆を守る会)通信~国連情報第65号>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/73-ba3a9bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。