スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
家族の絆を守る会行事のご案内
FAVSから今夏参加した、国連女子差別撤廃委員会及びWCF(世界家族会議)参加の報告会を、下記の要項で開催いたします。

●報告会日時  9月27日(日) 午後6時半より8時半まで
●場所      アルカディア市ヶ谷 5階 赤城 
●参加費     500円

   (無料にしたいのですが、まだ弱小NPOですのでご協力をお願いします)

以下、二つの国際的行事についての説明をいたしますので、お読みください。
また、ご参加を心よりお待ちしております!!

◎国連女子差別撤廃委員会オブザーバー参加について
ニューヨークの国連において、7月に女子差別撤廃委員会による日本国報告書の審査が行われました。
今回、女子差別撤廃委員会は、日本の女性の地位向上が遅れている、夫婦別姓を法制化すること、女子差別撤廃条約選択議定書などの批准などを強く求めました。
NHKをはじめとする国内メディアも、今回の委員会の審査の様子を大きく報道しました。

私達FAVSからも、この女子差別撤廃委員会にオブザーバー参加しました。
今回FAVSは保守派として初めて、国連の人権条約審査の場に人を送ることが出来たわけですが、これは、私共FAVSの本来の目的のひとつでもあります。

国連人権条約の場で、これまで十年以上、反日的NGOは、従軍慰安婦問題を国際化させるなどのロビーイングを行って来ました。
また国内においても、官僚との関係を深めて、人権擁護法案や在日特権、夫婦別姓等々の日本の文化伝統を破壊する法律を推進する大きな原動力として来ました。

彼らに国内外での恣のロビーイングを行わせて行くことは、国益を大きく損なわせます。
今後、我々は更に体制を整えて、国連人権条約問題に関与してゆくつもりです。

◎WCF(世界家族会議)について
WCFは、世界の家族擁護団体が2年毎に集まる会合です。
今回は、オランダ・アムステルダムで行われました。
WCFには今回の参加で2回目となります。
この世界家族会議には、各国で国連NGOとして国連人権条約に関与している団体も参加しており、それらの団体との連携、また家族を如何に守って行くのかについての意見を交換する場として、私達FAVSとしても重要な場であると位置づけております。

報告会では、上記のFAVSの国際的活動について報告をいたします。
保守の活動としては、今までの活動にはなかった画期的なものだと自負しております。
是非、多くの方々に参加して頂きたいと思っております。
スポンサーサイト
【 2009/09/03 18:11 】

| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<国連機関による「性教育国際ガイドライン」 | ホーム | 女子差別撤廃委員会の場にオブザーバー参加しました>>
コメント
--- ご紹介させて頂きました ---

報告会について、ご紹介させて頂きました。

http://blog.goo.ne.jp/mintsun157/e/d60b1819264ea571b5653295657b8d9c

できるだけ時間に都合を付けて参加させて頂きたいと考えております。
mintsun157 * URL [編集] 【 2009/09/05 00:08 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/86-f667fd49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。