スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
国連機関による「性教育国際ガイドライン」
8月にオランダで行われた世界家族会議で知り合ったアメリカ合衆国のNGO
「Family Watch International」から、
以下のような情報と、良ければ国連への抗議を各国代表団にお願いする手紙を支持するオンライン署名をお願いしたい、というメールを頂きましたので、要約してご紹介します。

この「性教育国際ガイドライン」が日本に押し付けられたら大変なことになると思います。
政府民主党」は国連からのお墨付きをもらって、堂々と、この過激でバカバカしい性教育を推進するのではないかと思います・・・。


*******以下、Family Watch Internationalからのメールの要約

国連教育科学文化機関(ユネスコ)が最近出した報告書によると、5歳児は性的快感、自慰、同性愛などに関して学習する権利を持っていると述べています。
下記に説明しますが、国連の代表全員に送る我々の手紙を支援することで、この急進的国連文書を止めるために協力してください。

ユネスコの報告書「性教育国際ガイドライン」の著者の1人は、米国に本拠地を置く
Sexuality Information and Education Council of the United States (SIECUS)-米国中の学校で不適切で露骨な性教育を推進することで悪名高い組織-のNanette Eckerです。ユネスコの報告書は、ユネスコ、ユニセフ、国連人口基金(UNFPA)、世界保健機構(WHO)など多くの国連の機関が共同で作業したものです。

この世界中の学校で使用されることを意図している性教育プログラムの、最も危険な概念の1つは、「性行為は、思いがけない妊娠の危険とHIVを含めたSTIs(性感染症)の危険さえなければ喜びとなり得るもの」というものです。
もう一つの危険な概念は、12歳児を対象としているもので、「避妊薬とコンドームは、意図しない結果をもたらすことなく性を楽しむ機会を与える。」というものです。

国連機関が、健康上何の危険もないと子供たちに伝えることで、子供たちが性行為に走るよう促すとは、とんでもないことです。特に、性に関心のある子供達は性交に走りやすくなり、安全なセックスと呼ばれる性行為を行ったとしても、コンドームによる失敗、妊娠、エイズという致命的な性感染症が起こりえます。

国連文書の多くは、「性とジェンダーの多様性」、「色々な性的表現を持つ人々」に対する「尊重」を促進しています。また、文部省(教育省)に対して、「レスビアン、ゲイ、両性愛、トランスジェンダー・グループに配慮する」よう奨励しています。
そして、「教師は最も信頼すべき情報源である」、「親に代わる行動をする責任を持つ」と述べています。

「性教育国際ガイドライン」にある性教育内容の一部

レベル1: 5-8歳の性教育内容
少女少年には、自分で触ると喜びを感じるプライベートな身体の部分がある。
自分の身体の部分を調べて触ることは自然なことである。
性器に触れ摩擦することは自慰と呼ばれる
自慰は有害ではないが、プライベートに行うべきである。

レベル2: 9-12歳の性教育内容
男女は共に性的快感を与え合い受けることが出来る。
多くの少年少女は思春期に自慰を始める。

レベル3: 12-15歳の性教育内容
性的志向や性同一性の違いを尊重する。
男女共に、同じ性の相手、又違う性の相手と性的な快感を与え合い受けることができ
る。

この急進的な性教育ガイドラインに抗議するよう、各国国連代表団にお願いする手紙
への署名をオンラインでお願いします。
http://www.familywatchinternational.org/fwi/unesco_sexed_0909.cfm
スポンサーサイト
【 2009/09/04 19:58 】

| 未分類 | コメント(15) | トラックバック(2) |
<<民主党戸籍制度廃止議連 | ホーム | 家族の絆を守る会行事のご案内>>
コメント
--- 全国規模の反対運動を ---

日教組だけじゃなく、やっぱり世界中にいるんですね(苦笑)。こういうのって犯罪じゃないんですかね?

子供達の未来がとても心配です。衆院選の大敗以来、保守運動が盛り上がってきそうな案配ですが、こ過激な性教育を撲滅する全国レベルの反対運動も起こさないといけませんね。
日教組の評判を落とすにはこういう教育の批判が一番ですね。世の中のほとんどの人は嫌悪感をもよおすこと間違いないから、日教組を解体に追い込むにはこれが一番かも。

※署名をしたいのですが、英語でよくわかりません。詳しい説明をお願いしたいのですが……。
猫好き * URL [編集] 【 2009/09/07 12:48 】
--- Re: 全国規模の反対運動を ---

こんにちは。コメントありがとうございます。

人権問題やジェンダーフリー、家族破壊は、大本の手本は欧州や国連にあります。
日本の抱える問題は、勿論これだけではありませんが、こうした問題も、日本にとって重要なことです。
一人でも多くの人が、この問題にも興味を持って頂ければと思っていますので、コメントを頂いて有難いです。
なかなか理解してくださる人が少ないので、全国的な反対運動にするのは難しいものがあるかもしれませんが、もし具体的に民主党が国連のガイドラインを使うということになれば、反対活動を行わなければなりませんね。

> 署名をしたいのですが、英語でよくわかりません。詳しい説明をお願いしたいのですが……。

本文のリンク先のページの下のほうにある required fields というところに次のようにローマ字等で埋めて行きます。

Name       名前
Address      番地
           町名
City        市の名前
State/Province  県名
Postal Code   郵便番号
Country      Japanを選んでください
Email       メールアドレス

上記を埋めたら、 sign the letter を押してください。
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2009/09/07 16:39 】
--- ---

上記のままに記入し、クリックしました。
一助になればいいですが。
yay * URL [編集] 【 2009/09/07 20:49 】
--- Re: タイトルなし ---

> 上記のままに記入し、クリックしました。
> 一助になればいいですが。

yayさま こんばんは。
ご協力、ありがとうございました。
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2009/09/08 00:17 】
--- 署名してきました ---

上のコメント見て、早速署名してきました。
英語が苦手なので、こういう記事があると助かります。一児の親としてこういったおかしなことがガイドラインとされては困ります。
情報ありがとうございました。
higurashi * URL [編集] 【 2009/09/08 09:58 】
--- ---

こんにちは。

初めてコメントさせていただきます。
今回の記事全体を拙ブログで紹介させていただきたいのですが、構いませんでしょうか?

ところで貴団体についての説明が見当たりません。 どこにありますか?

それにしても国連、狂ってますね。 で、単純にその国連を「善」と信仰している者が大勢いる日本ですから…ますます怖ろしいです。


よろしくお願いいたします。
丸まる子 * URL [編集] 【 2009/09/08 18:25 】
--- Re: タイトルなし ---

丸まる子さま

はじめまして。ようこそ♪

> 今回の記事全体を拙ブログで紹介させていただきたいのですが、構いませんでしょうか?

勿論です。とても有難いです!

> ところで貴団体についての説明が見当たりません。 どこにありますか?

すみません。サイトを作らないといけないのですが、なかなか手が足りなくて出来なくて・・・面目ありません。このブログの上に書いてあるのが説明と言えば説明です。(汗)

> それにしても国連、狂ってますね。 で、単純にその国連を「善」と信仰している者が大勢いる日本ですから…ますます怖ろしいです。

おっしゃるとおりです。世界全体が、リベラルで家族を崩壊させ、個人バラバラにする方向に向かっています。バラバラになっては、人間は本当は生きてはいけないと思うのですが。
スウェーデンが完全個人制ですが、ご老人達の末路の悲しさが、時々伝えられていますね。

問題は、日本が国連を神のように思っていることです。
素直な国民性といいますか、日本は平和な国でしたから、疑うことを知らないのでしょうね。
それが裏目に出ているのが、戦後の日本なのだと感じています。
今後とも、宜しく御願いいたします。
>
> よろしくお願いいたします。
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2009/09/08 20:22 】
--- Re: Re: タイトルなし ---

> 丸まる子さま
>
> はじめまして。ようこそ♪
>
> > 今回の記事全体を拙ブログで紹介させていただきたいのですが、構いませんでしょうか?
>
> 勿論です。とても有難いです!
>
> > ところで貴団体についての説明が見当たりません。 どこにありますか?
>
> すみません。サイトを作らないといけないのですが、なかなか手が足りなくて出来なくて・・・面目ありません。このブログの上に書いてあるのが説明と言えば説明です。(汗)
>
> > それにしても国連、狂ってますね。 で、単純にその国連を「善」と信仰している者が大勢いる日本ですから…ますます怖ろしいです。
>
> おっしゃるとおりです。世界全体が、リベラルで家族を崩壊させ、個人バラバラにする方向に向かっています。バラバラになっては、人間は本当は生きてはいけないと思うのですが。
> スウェーデンが完全個人制ですが、ご老人達の末路の悲しさが、時々伝えられていますね。
>
> 問題は、日本が国連を神のように思っていることです。
> 素直な国民性といいますか、日本は平和な国でしたから、疑うことを知らないのでしょうね。
> それが裏目に出ているのが、戦後の日本なのだと感じています。
> 今後とも、宜しく御願いいたします。
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2009/09/08 20:24 】
--- ---

お返事ありがとうございます。

さっそく紹介させていただきました。

http://maruko460.blog116.fc2.com/

丸まる子 * URL [編集] 【 2009/09/09 03:08 】
--- ---

はじめまして
微力ながら署名させていただきました。

もし許可をいただければ、
この記事のリンクを知人へと転送等したいのですが宜しいでしょうか?

shingo * URL [編集] 【 2009/09/09 08:14 】
--- Re: タイトルなし ---

> はじめまして
> 微力ながら署名させていただきました。
>
> もし許可をいただければ、
> この記事のリンクを知人へと転送等したいのですが宜しいでしょうか

はじめまして!
ありがとうございます!
転送の件、勿論歓迎です!!
宜しくお願いします。
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2009/09/09 12:58 】
--- こんなこと“冗談”でしょう~ ---

「百人の会」の一員です。
本文読みましたが、とても冗談としか思えませんね。

子女の性教育は、その国の持つ歴史・伝統文化に根ざす倫理・道徳観と国民の素養(民度)に支えられるなかで行われるべきもの。
死刑制度や同姓婚などの是非についてもまったく同様で、国連が画一的に決めるべきものではないでしょう。
こんな「下劣・低質」なことが国連の場で議論されているとは信じ難いですね。

日本政府(文科省)の見解はどういうものですか。お解りでしたらお教え下さい。
自由人 * URL [編集] 【 2009/09/12 08:56 】
--- 左翼の人権問題等の唱導を斬る ---

反日左翼は国を辱め貶め、分断する事に汲々とし国連を傘に推進運動を狙つている、誠に浅ましい限りだ、真の有るべき機関としての機能を発揮していない国連【旧連合国】
の決議は参考まで、日本国は当然独自の国益による判断をすべきであり、反日分子は
日本国外に移住して頂きたい。
川鍋健次郎 * URL [編集] 【 2009/09/19 20:50 】
--- 微力ながら ---

署名いたしました。
言ってることがまるっきり日教組と同じですね・・・
正気とは思えません。
助力になれば、と願っています。
arishi * URL [編集] 【 2009/09/23 15:32 】
--- 最近の性教育にもの申す ---

最近の教育の乱れには、本当に怒りを感じています。嘆かわしいと思うものは数知れず・・
ですが、中でも性教育は目を覆うばかりです。愛があれば何をやってもOK。日本人らしい節度もけじめも恥じらいもありません。正しい性教育は必要ですが、それは時期、年齢を考慮した上で、心ある性道徳でなくてはならないと思います。正しく基本的な事を家庭が中心となり、学校が補助的にしっかり教育すれば、今のような性の乱れる世の中にはならないのでは?
“出来ちゃった結婚”はあたりまえ、こともあろうにこどもを結婚のだしにする“つくっちゃおう結婚”もあるのだとか・・・悲しいです。「どっちが先でも良いだろう」という人もいますが、そこを問題にするのが日本人の美意識ではないのでしょうか。
こんな世の中になった原因は、性教育だけして、性道徳(純潔教育を含む)を忘れたことに他なりません。教育関係の人だけにかかわらず、国民全体に考えてもらいたいことです。
坪井禮子 * URL [編集] 【 2009/10/05 15:43 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/87-dc06ed55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「性教育国際ガイドライン」を拒絶せよ
9-12歳の性教育内容 男女は共に性的快感を与え合い受けることが出来る。 少年日本史【 2009/09/05 01:45 】
◆国連機関の性教育ガイドライン◆
◆◇国連機関の性教育ガイドライン◇◆ &nbsp; 予想通りとはいえ、民主党政権... +++ Kemunpas WebLog Sites +++【 2009/09/08 09:35 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。