スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
民主党戸籍制度廃止議連
民主党政権は、戸籍制度廃止まで射程距離に入れようとしています。
以前から、フェミニストらは、戸籍制度は婚外子などの差別が生じる制度だとして批
判してきました。
韓国では、昨年、戸籍制度が廃止されましたし、時悪しくも、女子差別撤廃委員会に
おいて、7月下旬、日本政府の審査が行われ、戸籍制度や相続に関して、差別が継続して行われているとして、「婚外子及びその母親を差別する民法及び戸籍法の差別的低を廃止するよう」、女子差別撤廃委員会が勧告を下したところです。

戸籍がなくなれば、国民総背番号制にして、国民を個人単位として登録することになり、これによって、結婚制度や婚外子相続問題(正式な結婚をした妻の立場を守る制度をなくす)、夫婦別姓制度の導入、税制の個人単位制度などが導入しやすくなります。
あらゆる国家解体、家族解体法が導入されようとしているわけです。
この危機を如何に乗り切るのか、我々の意思を、行動として示すべき秋だと思いま
す。

戸籍制度見直しへ議連 民主有志
戸籍制度の廃止をめざす議員連盟が、民主党の有志議員約30人により10月に発足する
ことがわかった。名称は「戸籍法を考える議員連盟(仮称)」で、呼びかけ人は川上
義博氏、松本龍氏ら。個人を単位とした登録制度をつくるため、戸籍法の廃止も含む
見直しを提案している。(日経新聞より)
スポンサーサイト
【 2009/09/21 09:38 】

| 未分類 | コメント(4) | トラックバック(1) |
<<FAVSが選択的夫婦別姓に反対する理由 | ホーム | 国連機関による「性教育国際ガイドライン」>>
コメント
--- 転載させて頂きました ---

 この件は、外国人参政権問題や人権擁護法案ほど大きく取り上げられていないので、要注意ですね。
mintsun157 * URL [編集] 【 2009/09/21 21:51 】
--- マスコミの反応を確かめる ---

こちらに当サイトの活動を取り上げてもらうように問い合わせてはどうでしょうか。


あなたの疑問を徹底調査! 「社会部オンデマンド」始めます 2009/09/26 08:28
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/305798/

 産経新聞はマイクロソフトのポータルサイト「MSN」内に設けられた『相談箱』と連携し、「社会部オンデマンド」を始めます。日常生活や日頃触れるニュースの中で、新聞の読者やネットユーザーが感じた疑問点などについて、取材のプロである社会部記者が徹底調査し、紙面と相談箱の中で報告します。

 投稿窓口はMSN相談箱の産経新聞「社会部オンデマンド」へ。また、社会部Eメール(news@sankei-net.co.jp)や、社会部FAX(03・3275・8750)でも受け付けます。取材を希望する事柄について具体的にご記入の上、投稿してください。
tokumei * URL [編集] 【 2009/09/26 11:18 】
--- 皆様 ありがとうございます! ---

皆様 コメント、ありがとうございます。お返事を差し上げないといけないのですが、なかなかお返事できず、申し訳ありません。

tokumei様
ご助言、ご紹介、ありがとうございます!
まだまだ、活動は万全とは言えませんので(汗)、もう少し充実させたら、色々宣伝してゆきたいと思います。
本当に有難うございます。
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2009/09/26 14:24 】
--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
* [編集] 【 2010/08/28 18:57 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/88-aaf2ceed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
民主党戸籍制度廃止議連
 家族の絆を守る会(FAVS)から転載致します。また、民主党から頭の痛い法案が出てきそうです。 民主党戸籍制度廃止議連 ―――――――――― ここから ―――――――――― 民主党政権は、戸籍制度廃止まで射程距離に入れようとしています。 以前から、フェミニス... 行動する保守へ FACTとACT【 2009/09/21 21:45 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。