スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
選択的夫婦別姓法案が急浮上!
選択的夫婦別姓法案が急浮上してくる模様です。
FAVSは、法制化に絶対反対です!

チラシを作成しましたが、サイズが小さいので、アップできる内容だけ、一つ下の記事でご紹介します。

*コメントを頂いて、チラシをダウンロードしたいという依頼がありました。
freejapanさんのご好意で、ダウンロードできるようになりました。
下記から、ダウンロード可能です。

http://freejapan.tv/?News%2F2010-02-12


選択的夫婦別姓反対チラシ表
選択的夫婦別姓反対チラシ裏

福島瑞穂 男女共同参画担当大臣は、議員になる前から、選択的夫婦別姓法制化のためにロビー活動を行っていましたが、福島氏は、下記のような発言をしています。
同性どうしの結婚、近親婚の緩和など、従来の社会の仕組みを壊し、結婚制度を破壊する目的を持つ発言です。
家族の絆は、どうしても守らなければなりません。
選択的夫婦別姓法案に、是非、反対してください!!


「私は、子供が18歳になったら『家族解散式』というのをやろうと思っていて、それ以降は、パートナーと子供ともスープのさめない距離に住んで、名実共に個人単位で暮らしていきたいなと思っている。家族だって、ひとつの定義にすぎない。家族も個人のネットワークなんだ。」
(福島瑞穂「結婚はバクチである」大和書房より)

「選択的夫婦別姓」を国会の中で絶対成立させたい 。成立させたら、次はPACS法だ。
日本でも外国のように同性どうしの結婚を認める法律も、ぜひ作ろうじゃないか。
2006年11月11日 東京中央日本語学院にて

「近親婚禁止をできるだけ狭めていこうという考え方も同じく、個人の結婚をするという自己決定権、幸福追求権を広げていこうという考え方のあらわれである」(「結婚が変わる、家族が変わる―家族法・戸籍法 大改正のすすめ」共著)

「現行法のもとにおいても、結婚は個人と個人との結びつきであるとする憲法二四条一項の趣旨からも直系婚姻間の結婚についてまで、法律が禁止する必要はないのではないか。・・・現行法がとくに問題なのは、婚族関係が終了したとしてもやはり結婚できないことである。・・・一度でも「お父さん」、「おかあさん」とよべば、もはや結婚することはできないのである」(「結婚が変わる、家族が変わる―家族法・戸籍法 大改正のすすめ」共著)

非嫡出子が一人でもふえていくことが今の日本では必要だし・・・ (「結婚と家族」福島瑞穂著)
スポンサーサイト
【 2010/02/12 13:27 】

| 選択的夫婦別姓法案 | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<動画のご紹介!家族崩壊? 選択的夫婦別姓 阻止作戦 | ホーム | 選択制だから問題だ!ちょっと待って!夫婦別姓チラシの内容>>
コメント
--- ---

このチラシを使わせて頂きたいのですが、印刷できる程度の大きさのものをアップして頂けると有難いと思います。
宜しくお願い申し上げます。
落蹲 * URL [編集] 【 2010/02/13 08:41 】
--- Re: タイトルなし ---

> このチラシを使わせて頂きたいのですが、印刷できる程度の大きさのものをアップして頂けると有難いと思います。
> 宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございます!
freejapanさんが、チラシを綺麗にダウンロードできるようにして下さいました。

http://freejapan.tv/?News%2F2010-02-12

こちらでダウンロードして、お使い下さい!
阻止のために、頑張りましょう!
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2010/02/14 22:16 】
--- ---

有り難うございます。早速ダウンロードしました。神政連のチラシと併せて活用させて頂きます。
http://www.sinseiren.org/
落蹲 * URL [編集] 【 2010/02/15 08:37 】
--- 支援します ---

SNS-FreeJapanで署名募集の件を知りました。
支援させていただきます
JDF * URL [編集] 【 2010/02/20 16:37 】
--- Re: 支援します ---

落蹲さま JDFさま

ご協力、ご支援、ありがとうございます!

推進派の方たちは、別姓法に続いて、pacs法(同性間法律結)、戸籍廃止法を成立させようとしています。
家族の解体が目的だと思っています。
家族の絆を守る会としては、どうしても許せない法律です。
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2010/02/20 21:28 】
--- 夫婦別姓法案に見る福島瑞穂の異常な家族観 ---

はじめまして。

「夫婦別姓」は「外国人参政権」、「人権侵害救済法案」と並んで日本解体法案と呼ばれているそうですが、ネット上を見ても、他の2法案と比べて夫婦別姓はいまいち反対の声が小さい(?…というのは私の思い込みかも)
というわけで、いろいろネットを探して、貴サイトにたどり着きました。
私も選択的夫婦別姓法案には断固反対です。

それで、ここに紹介されている福島瑞穂のコメント、読んで眩暈を覚えました。

子供が大きくなったら家族解散式をやろう。
非嫡出子がひとりでも増えてほしい…

日本の普遍的な家族観と到底相容れない、極めていびつな思想の持ち主に、鳩山内閣は少子化担当相という、日本の家族のあり方に関わるポストを与えているんですね。
このことだけでも、現政権がいかに異常かを思い知らされます。

「いのちを守りたい」という演説とは全く正反対に、日本を亡国に追い込む法案を次々と打ち出す鳩山民主党政権。
しばらくは「NO!」と叫ばなければならない日が続くでしょう。

貴サイトの益々の御発展、お祈りします。
St. Judyのほうき星 * URL [編集] 【 2010/03/02 00:48 】
--- Re: 夫婦別姓法案に見る福島瑞穂の異常な家族観 ---

St. Judyのほうき星様
ようこそおいで下さいました!

> ネット上を見ても、他の2法案と比べて夫婦別姓はいまいち反対の声が小さい(?…というのは私の思い込みかも)

そのとおりですね。危機が分かりにくいんですね。この問題は。
別姓を選ぶ当事者でなければ、別に問題は無いだろうと考えるのが順当ですので・・・。
しかし、違うんですね。
この別姓制度を同姓制度と混在させるところに、福島さん達の家族解体の狙いがあるんですよね。


> 日本の普遍的な家族観と到底相容れない、極めていびつな思想の持ち主に、鳩山内閣は少子化担当相という、日本の家族のあり方に関わるポストを与えているんですね。
> このことだけでも、現政権がいかに異常かを思い知らされます。
>
> 「いのちを守りたい」という演説とは全く正反対に、日本を亡国に追い込む法案を次々と打ち出す鳩山民主党政権。
> しばらくは「NO!」と叫ばなければならない日が続くでしょう。

全く仰るとおりで、チルドレンファーストという言葉が如何に空論かということが分かりますね。
子供のことなど、ちっとも考えない、大人の都合ばかりです・・・。

子供が親がどうあるかによって、非常に大きな影響を与えられるという、普通のお父さんやお母さん達が普通に感じていることに、政治家は・・・特に民主党政権はわかっていないというか、目を向けようとしていません。

> 貴サイトの益々の御発展、お祈りします。

ありがとうございます!!
家族の絆を守る会 * URL [編集] 【 2010/03/02 20:45 】
--- 非嫡出子相続差別撤廃 ---

こんばんは。長文コメントで失礼します。

選択的夫婦別姓とともに民法改定案に含まれている、非嫡出子相続差別撤廃。
よく考えたら、とんでもないことではないですか?
嫡出子とは要するにちゃんとした夫婦の間の子供。
そうでない子供との相続差別をなくせってことは…お妾さんとの間の子供も、正式の奥さんとの間の子供も平等に扱えってこと!?
それじゃ、世の殿方、どんどん不倫してください、って国で言ってるようなものじゃないですか。
「みずほ」や「ちば」は、日本をフリー●ックスのカルト教団にでもするつもりでしょうか?

民法改定案、考えるだに怖くなってきました。
そしてこの法案、外国人参政権、人権擁護法案ほど危機意識が広まっていないのが、一層不安をかきたてられます。
内閣では亀井さんが頑張ってくさびを打ってくれてますが、現状では議員立法でも法案が通ってしまうかも!?
#チャンネル桜でもそういう事言ってました。
http://www.youtube.com/watch?v=siWKKje0zew

まあ、総理は昔北海道・室蘭で人妻ホステスを友愛してたそうですから(幸夫人を略奪婚したとは別の話です)、同法案に積極的なのもむべなるかな…
今回の民法改定案、断固反対の意志を固めました。

#世の中にはやむを得ない事情で非嫡出子となってしまった方もいるでしょうが、養子縁組で嫡出子となることもできるそうですし、個別に法的に対応できるのではないですか。一般論として非嫡出子を平等に扱えというのは、首肯できません。
St. Judyのほうき星 * URL [編集] 【 2010/03/05 01:11 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://familyvalueofjapan.blog100.fc2.com/tb.php/94-cb61723a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。